緑の募金とは

 緑の募金とは、「緑の募金による森林整備等の推進に関する法律」(平成7年法律第88号、以下募金法という)に基づき、毎年、農林水産大臣の定める期間内に限って緑の募金という名称を用いて行う寄付金の募集であって、その寄付金を森林整備等に用いることを目的とするものをいいます。

実施主体

 緑の募金は、全国段階では、農林水産大臣の指定を受けた民法法人である「公益社団法人 国土緑化推進機構」が、都道府県段階では都道府県知事の指定を受けた民法法人である「都道府県緑化推進委員会」が、それぞれ実施主体となります。

 沖縄県では知事の認可を受けた『公益社団法人 沖縄県緑化推進委員会』が実施しています。

募金の実施期間

2月1日~5月31日(春の募金)と9月1日~10月31日(秋の募金)の年2回

(※本県では春の募金のみに取り組んでおり、2月1日~4月30日を実施期間とし、2月を募金集中期間

としている。)

募金の方法

募金区域 : 県内全域

募金方法 : 「家庭募金」、「職場募金」、「企業募金」、「学校募金」、「街頭募金」を実施します。

 

募金の使途

緑の募金は次の目的で使用されます。皆さんから頂いた大切な募金が、これら、森林整備や緑化の推進に関わる活動を支え、よりよい環境を作り出すために、役立っています。

 

(1) 森林の整備

(2) 緑化の推進

(3) 森林の整備又は緑化の推進に係る国際協力